SOUND DESIGN PSyX

P-ROOM

大晦日のいつもの。

2016.12.31 Saturday

恒例の大晦日のご挨拶をば。
いつもは年が明けるギリギリでの更新なのですが、今年は30日にカフェである程度下地を書いておいたので”多少”早い時間のお披露目です。

ベトナム

年明け早々初のベトナムでホーチミンとダナンに渡り、早速体調を崩したスタートとなりました。
挙句人生初のインフルエンザにも罹り、20年以上振りに発熱を体験。
その流れで花粉症もいつも通り発症と、序盤は健康面でボロボロな展開。

並行して母の看病と仕事の多忙が重なり、音楽活動も定まらぬ状態でした。
夏以降は仕事の傍らライブやゴルフ、ミニ四駆など定常活動も活発化して来ましたが、総じて心身共に疲労が度重なる1年となりました。
兎に角休みたい。
この一言に尽きまする。

では、各分野に分けて総括して行きましょうか。

続きを読む >>

大晦日に御座います

2015.12.31 Thursday

洪 泰和

今年4度目の更新が今年最後ですって。
SNSで日頃発信している所為か年々ブログの更新頻度が落ちていますね。
ブログの意義はあるにはあるのですが、SNSほどの手軽さではないため単純に面倒臭がってるだけです。はい。
湯河原の温泉宿から「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」を観乍ら書いておりますが、湯河原で罰ゲームやってた頃が面白かったなぁとしみじみ。

さて本編へ。
今年の初めに『大河』と認め取り組んだ1年でしたが、それなりに成果は出せた様に思えます。
勿論達成できなかった事や課題もわんさか出て来ましたが。
振り返れば兎に角しんどい一年でした。

では、今年の流れを順を追って回顧してみましょうか。

続きを読む >>

大晦日の反省

2013.12.31 Tuesday

大晦日
2013年も残すところ後僅かとなりました。
皆様如何お過ごしでしょうか。
年越しは箱根湯本で現実逃避をしようと、只今行きの電車の中で此のブログを認めております洪泰和です今日は。


今年はライブを精力的に行った年でしたが、あまり良い結果を残せたとは云い難く、却ってライブへの疑念が多く生まれた様に思えます。

続きを読む >>

珍しく週頭から更新です。
正確には日曜に更新出来なかったと云う事で洪泰和ですこんばんは。

最近は非常に忙しい中、めげずにミュージシャン活動もじわじわ進めております。
まずは5月28日(土)に高田馬場 天窓.Comfortでのソロライブ。
何と今年初のソロライブです。
Ustreamの実験ライブ放送はたまにやってたのですが、ライブ自体全然やってなかったんですね。
5月の次は8月6日(土)に久々のバンドライブも控えています。
バンドライブもどんどんやっていきたいなと考えてます。

さて、昨年末より進めておりますUstreamライブ放送。
実験放送も昨日で第6回を迎え、「実は番組タイトルが"実験放送"なんじゃないのか?」と云う疑問もさる事乍ら、日々進化しております。
一応番組タイトルは『PSyXtream(仮)』です。お間違いなく。

昨日の放送より。ゲスト:八島純子[The Japonesque Principal]

続きを読む >>

ご無沙汰しております。

前の震災以降、方々で情報を得乍ら日々思考しておりました。
TwitterFacebookもある程度控え、ブログも自粛していた次第です。


福島の父や妹、友人達の安否は確認出来ました。


数日考え続けたひとつの答えとして、
私がミュージシャンとして出来ることは何もない。
と云う至極当たり前な結論に至りました。

私如きが音楽を通じて震災に対して何か出来ると思うならそれは自己満足以外の何ものでもないと。
音楽は受け手の感じたものが100%です。作り手が押し付けるものではないと私は考えます。

感情は言葉にした途端、その意味を変容させてしまいます。
否、私が感情を言葉にする力を持ち合わせていないだけなのだと思います。
意味合いを変えてしまうのならば、私は言葉にしません。


なので、
この件で公に向けて私が発するものは何もありません。


私は個として私に出来る事、してはいけない事を取捨選択して事態に取り組みたいと考えています。

云わなくても良い事かもしれませんが、私の中で気持ち悪かったのでけじめとして書かせて頂きました。
不器用ですいません。
この件に関してはもう書きません。
次回より通常通りの内容でお届け致します。

厚遇【復刻】

2010.08.04 Wednesday

ドラゴンクエストドラゴンクエストIIIのアリアハン国王は酷い。
何が酷いって、勇者の待遇が酷い。
世界を揺るがす一大事に、16歳の小僧を捕まえて100ゴールドの端た金と低レベルな武具一式を与え、一人で野に放り出すとは。
さすがの私でも涙が出そうな酷い扱いだ。


国命であれば、国は大々的に強者の求人を職安などに掲載し、国家公務員として高給で雇い、勇者に宛てがわなければなるまい。
それがどこぞの酒場で呑んだくれているレベル1の新人戦士たちと共に出征しなければいけないというこの不条理。
こんな事があっても良いのだろうか。

武具一式だって、国の貿易を駆使して高等なものを揃えるべきだ。
それこそ冒険で掛かる経費は湯水の如く使って然りだ。

続きを読む >>


『reverberation』 song by polysolute
作詞 / TENKO 作曲 / 洪 泰和
Vocal / 金丸明日香 A.Guiter / 春山弘臣 Piano / 洪 泰和

続きを読む >>

医療の事

2010.02.27 Saturday

先日生まれて初めて人間ドックと云うものを受けて来た。

そもそも検診自体10年前に1回受けただけで、その時も全く異常なしと云う結果だった訳だが(日々の体調は何故か相反する)今回もどうせ健康そのものと判断されるだろうとは予測していた。

安保徹・石原結實著『病気が逃げ出す生き方』で著者は健診の意味の無さを語っている。
自分がいつ病気になるか。この場合、健診でいつ病気が発覚するかと云う問題に対してナーバスになりストレスを抱える状況が既に問題であると。

それは解る。
医者が病名を宣告すれば、それは『病人』として確定した事になる。
それまでは多少なりに不調を感じているかもしれないが、普通に生活している健常者である。
それが医者が診断した途端に明確な『病名』を持った『病人』として扱われる。
本末転倒だが、『病名』が『病人』を造ると云う事は多分にあると思う。

続きを読む >>

国外旅行の事

2009.12.20 Sunday

この面倒臭さを忘れない為に。
そして同じ道を歩もうとしている方の道標に。



私が外国人なのは周知の通りである。
取り敢えず国内での生活では直接的に困る事は無い。
あるとすれば在日外国人に対する偏見と差別くらいなものだ。

事の発端は来月のアメリカ旅行である。

当然国外は疎かついこの間生まれて初めて飛行機に乗った私にパスポートなどあろう筈もない。
調べれば調べるほど難しい事ばかり。

率直に云えば北朝鮮国籍者がアメリカに行くのは非常に難しい。
そりゃしょーがない。テロ支援国家だもの。

ではどうするか。
まずは国籍を変更する事にした。
現時点で日本に直接帰化するには弊害も多く何よりも時間がない。
そんな訳でお隣の国、韓国へ国籍を変更する手続きをとった訳である。

続きを読む >>

雇用の事

2009.08.10 Monday

私が高校生の時に地元福島のコンビニでアルバイトしてた頃の時給は600円。
今考えると恐るべし。

最低賃金1,000円か。
ちと現実的とは云えない部分はあるけど、まぁ飽くまで目標としてそこに推移する様進めて行ければ良いのかな。

劇薬? 「最低賃金1000円」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090810-00000041-san-bus_all

8月10日7時56分配信 産経新聞
■民主も公明も消費刺激期待/自民は慎重「中小もつのか」

 最低賃金の引き上げが衆院選の争点の一つに浮上してきた。民主、社民、共産の野党各党に加え、与党の公明党も大幅アップをマニフェスト(政権公約)に盛り込み、給与アップを強調する構えだ。最終的な引き上げ目標は、現在の全国平均の1・4倍に当たる時給1000円。これに対し、自民党は慎重姿勢をとっている。最低賃金の引き上げは消費拡大や格差是正につながるとの指摘がある一方、失業増につながる懸念も出ている。果たして良薬か劇薬か−。(産経新聞)
[記事全文]



中小企業へのダメージが大きいと云う見方がありますが、私は個人的見解としてあまり中小企業の味方が出来ません。

続きを読む >>

Twitter

Facebook

Copyright © SOUND DESIGN PSyX All Rights Reserved.