SOUND DESIGN PSyX

P-ROOM

LEVEL12

2016.12.30 Friday

洪 泰和ソロライブ

大分ご無沙汰しております。
色々書きたい内容はあったのにバタバタしている内に年末です。
私は普段何してるんでしょうね。
不思議でなりません。

そんな訳で備忘録も兼ねてライブレポートを認めたいと思います。

今年最後のソロライブは10月30日にいつもの天窓コンフォートで行いました。
忙殺から解放されてのライブだったので、時間を掛けて色々盛り込みたいなと考えてはおりましたが、女性ボーカルのゲストオファーに失敗してしまい、結果全部自分で歌うハメになると云う。
今回のライブを経て切実にボイストレーニング急務と痛感した次第です。

洪 泰和ソロライブ

サポートメンバーは久々の春山弘臣石倉圭介両先生に参加して頂き、アレンジや演奏面で大変助けられました。

矢張りね、アコースティックは難しのですよ。

バラードにあまり興味ないので殆ど書きませんし、技巧も乏しくアレンジ上ピアノだけだと厳しい状況が多々発生します。
ギターやパーカッションなどのリズムがあるのと無いのとで全然違う事を改めて痛感しました。
まぁ、元々頭で色々楽器が鳴っているので単純に多人数編成で演奏しているのが楽しいのです。
百戦錬磨の先生方は仕事早いですし。

今年からセットリストにカバー曲を加える事にしました。
ええ、迎合です。
たまにピアノソロ曲を披露する事はあれど、ソロライブでは殆どカバー曲を演奏してこなかったのですが、お客様に楽しんで頂くエッセンスとして組み込んでも良いかなと最近思える様になりました。
polysoluteでカバー曲を加えた事が切っ掛けですが、アレンジや表現でオリジナリティを追求するのも悪く無いかなと。
単純にお客様も知ってる曲があった方が楽しいでしょうし。
今までは逃げっぽくて敬遠していたのですが、1曲くらいなら組み込んでも良いかなと取り組んでみました。

そんな訳で色々考えた結果、Coccoの『強く儚い者たち』をセレクト。
異性ボーカルの方が個性が出せそうかなと思ったのと、たまたま観たカウントダウンTVの1998年ヒット曲特集で『雲路の果て』を聴いてCoccoが良いかなと思った次第です。

そんな10月30日のセットリストはこちら。
1.norm
2.六花
3.強く儚い者たち[Cocco]
4.バレテル
5.美貌の青空[坂本龍一]

ピアノソロも鍛えたいなと思うのですが、弾き語り以上に精神力が必要ですね。
まだまだ精進が必要です。

このライブを経てミュージシャンとして再考すべき事が山積みとなりました。
単純に私はライブで評価を頂く以前の状況だと認識した訳です。
只今頭の中で試行錯誤を繰り返していますので、年明けにでも今後の指針を打ち出せればと思います。

写真:daisuke 5st

コメント

コメントする

 

Twitter

Facebook

Copyright © SOUND DESIGN PSyX All Rights Reserved.